2013年04月24日

太陽光発電補助金 25年度 その2

太陽光発電補助金 25年度 その2
1kW当たりの補助対象経費(税別)

1kW当たりの補助金単価

@ 2万円を超えて 41万円以下
  補助金額 2万円

A 41万円を超えて 50万円以下
補助金額1.5万円

1. 補助金額は太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値で算出し、上限を9.99kWとしています。
  例えば、
  太陽電池の公称最大出力が4.6kW、パワーコンディショナの定格が5.00kWのシステムの場合、
  20,000円/kW×4.6kW=92,000円、または15,000円/kW×4.6kW=69,000円となります。
   また、
  太陽電池の公称最大出力が10.12kW、パワーコンディショナの定格が8.00kWのシステムの場合、
  20,000円/kW×9.99kW=199,800円、または15,000円/kW×9.99kW=149,850円となります。

2. 補助対象経費とは、太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他付属機器(接続箱、直流   側開閉器、交流側開閉器)、および設置工事に係る費用(配線・配線器具の購入、電気工事費・安全対策  費等含む)を対象とします。

3. 交付される補助金額は、申込時に確定した補助金額及び補助金単価が上限となります。
  よって、計画変更承認申請書、または補助金交付申請書(兼完了報告書)提出時に、1kW当たりの補助金単  価を(1)から(2)に変更することはできますが、(2)から(1)に変更することは認められません。


対象者
住宅に対象システムを設置しようとする個人、法人、または区分所有法で規定する管理者。


対象システム
1.太陽光発電による電気が、当該太陽光発電システムが設置される住宅において消費され、連系された低圧配
 電線に、余剰の電気が逆流されるものに限ります。

2.太陽電池の公称最大出力、またはパワーコンディショナの定格出力のいずれか小さい方の値が10kW未満で、 かつシステムの補助対象経費が50万円(税抜)/kW※以下であることが条件です。
(設置工事費控除については別途規定あり)

3.J-PECにより登録されているシステムであること。

4.太陽電池モジュール・パワーコンディショナは未使用品であることが条件です。

太陽光発電 最安値は価格.com

太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!



【関連する記事】
posted by 狛 at 12:07| Comment(0) | 太陽光発電補助金 25年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

太陽光発電量

太陽光発電量。
太陽光発電で気になること。

それは、発電量ですよね。

例えば親子4人の平均的なご家庭の1年の消費電力が
約4,482kWh

太陽光発電で年間消費電力の70〜90%をカバーできれば、
日中の電気代は十分まかなえます。

太陽光発電でこの90%、つまり約4,000kWh発電できる能力が、
選定の目安となるでしょう。
posted by 狛 at 09:02| Comment(0) | 太陽光発電量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

太陽光発電 買取り価格 2014 その2

太陽光発電 買取り価格 2014 その2。

3月現在の買取り価格は1kwh当たり42円。

おそらく来年度は37円前後。

ということは・・・

太陽光発電の固定買い取り制度
(10年間同じ金額で電力会社が電気を買い取ることを保証する制度)
を利用すれば、10年間42円が確定。

まだ間に合います。

見積だけでもお早めに!
無料で5社が一括で比較できます!
しかもお住まいの地域の補助金の確認までできちゃいます(^^♪



SEO対策テンプレート
太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。